[リアル] REPORT&DIARY

2015.11.19

特別寄稿 井上雄彦シンペーJAPAN観戦記

●10月17日。3位決定戦、日本対韓国。

予選ラウンドでの韓国戦を見て、日本の方がいいバスケをするという感想を持った。 韓国はほぼスタートの5人に頼った試合になっていた。 チームの厚みでも日本に分がある。リオ行きの最後の一つの椅子をかけた試合、日本有利はまちがいない───。

そうであってくれと祈る気持ちで、いや実際神棚に手を合わせ必勝を祈願してから、千葉ポートアリーナへ向かった。

やってはいけないことは、2つ。

1つは、自らややこしくすること。不確定な要素を増やさないことが必然の勝利へと導く条件だろう。

もう1つは、受けに回ること。感情をあらわに闘う姿勢を見せてくる傾向のある相手に感情的につきあうことはないが、かといって引き下がってはいけない。

このふたつを回避するための答えはやはり、「自らを信じ、チームを信じて、やるべき自分たちのベーシックを遂行する」というあたりまえにたどり着くのだった。 あたりまえをあたりまえにやり続けることは、言葉ほど簡単ではない。

試合は緊張感の中で始まった。 開始直後の観戦メモを見ると、

「ルーズ(ボール)はぜんぶとれ!」

「あたりまえを全身全霊で」

と走り書きがしてある。

韓国が先行する形で試合は進む。 攻守の切り替えのところで走られてイージーバスケットを立て続けに許し、日本15-韓国24で1クオーターを終える。

(だいじょうぶなのかよ)と観客席がたぶん気をもんでしまうほど、日本の選手たちもベンチも焦っていない。 (韓国つええな・・)という会場の空気の中で、自らを信じ、チームを信じて、やるべき自分たちのベーシックを遂行する。 日本チームはまさにそれを遂行している最中なのだった。 前半残り3分を切ったところでその成果はあらわになった。

依然として韓国リードだが苦しそうなのはリードしている韓国の方だ。 10番のミドルで韓国の32点めが入る。 そこから2分23秒間、韓国の得点は増えず、日本は5ゴール10点を積み上げる。 一気に会場の熱が上がる。38対32で前半の20分が終了。 韓国はほとんど5人で闘っている上に、得点源の12番がファウル3つ。 あと2つで退場となる。予選ラウンドで勝利したときには、3クオーター終了時点に韓国の余裕は消えた。 今日はそれよりも早い、前半終了のこの時点で、日本は韓国を追いつめた。

後半の日本、やってはいけないことは2つだ。

・自らややこしくすること。

・追いつめられ激しくファイトしてくる相手につきあわない、かつ引き下がらないこと。

つまりはやるべきベーシックを遂行することだ。 あたりまえをあたりまえにやり続け、相手が息を吹き返す要素を1つも与えないことである。

言葉よりも難しいことを、いくつかのミスをまじえながらもやり切った日本が、リオデジャネイロパラリンピックの出場権を得た。 その権利にふさわしい方が今日は勝った。 試合後すぐに及川ヘッドコーチは、「ここをベースに、ここからさらに上げていくこと」をリオまでの1年間の課題としてあげた。

この日会場につめかけた人のうち何割かは、初めての車イスバスケ観戦だったと思われる。 満足感に包まれて会場をあとにしたことだろう。

「このチームのたどり着く先を見届けてみたい」と思った人が何人もいるにちがいない。

2015.10.17

AOZレポート 第9回

リオパラリンピック出場決定!!

おめでとうシンペーJAPAN!!!

10月17日(土)

最後のリオ行き切符をかけたライバル韓国との3位決定戦。 互角の立ち上がりもシュート確率の良かった韓国がリードして第1クォーターを終わる。しかし、日本は冷静に戦況を見極めて“やるべきことをやるだけ”と淡々とリズムを作っていく。韓国はそれを止めるためファウルがかさみ、一気に日本が38-32と逆転して前半を終了した。 後半、主力のプレイタイムが長い韓国の動きが落ちてきたところへ、日本はメンバーを効果的に変えながら、さらに韓国の体力を奪っていく。最終クォーターに入っても手を緩めることなく点差を広げた日本は、80-56とライバルに完勝。シンペーJAPANのリオパラリンピック出場が決まった!

男子3位決定戦

○日本   韓国●
80 15-24 56
  23-8  
  20-17  
  22-7  

#4 藤本怜央

決まりました。決めました!僕らのゴールはパラリンピック出場だったので、やっとゴールしたって感じです。
(残り3分位で泣いていたが…という質問に)勝利を確信して泣いたわけじゃなくて、自分たちが、こんなに強くなったんだと思ったら、嬉しくなってついね。あと大輔もすごい難しいショット決めたでしょ。大輔とは、合宿や遠征で同室が多いんですよ。部屋では、ウ●コとウイイレしかやらない奴が、あんなファイトが出来るんです。そこも涙腺緩みました。
シンペーさんに、この12人を選んでくれてありがとうと言いたいです。感謝しかないですね。明日からリオに向けて走り出します。あと1年しかないんです。リオでもっと質の高いバスケができるように、明後日からドイツリーグで、揉まれてきます。たくさんの応援ありがとうございました!

#5 豊島英

ここまでシュートが入らなくて、責任を感じていました。それでもレオ君がパスを入れてくれたので、決められて良かったです。サーちゃん(佐藤聡)が、「ハイエイトみたいにやれ!」といいアドバイスをくれたので、肩の力も抜けて打てました。サーちゃん、ありがとう。
12番のファウルアウトは、早く飛ばしてやろうと狙ってました。まんまと術中にハマりましたね(笑)。日本代表で自分が軸になれるよう、これからも、しっかり練習してリオに臨みたいと思います。

#6 土子大輔

僕ら、いいチームでしょう! 充実した大会、チームとして成長できた大会でした。今日の韓国戦、序盤はリードされましたが、ヒロとレオが落ち着いていたので、みんなも冷静でした。韓国が疲れる後半に勝負をかければ行けるぞと感じていましたね。個人的には、こんな生か死か…みたいな試合は初めてだったけど、そこで仕事が出来たことはちょっと成長できたかなという実感があります。また、リオに向けてかんばります。
今日はトレーナー部屋を襲撃して、感謝を込めて「オラァ!!」をやってやりますよ!

#7 永田裕幸

今日はチームを盛り上げたくて、試合前の“永田タイム”をセンターコートの真ん中でやらせてもらいました。試合としてはやるべきことをやれば勝てると思ってプレイしました。やっぱり積み上げてきたものは裏切らなかった。シンペーHCのバスケは正しかったということですね。これからは精度をもっと上げて、リオに向けて新しいスタートを切りたいと重います。
埼玉ライオンズの大先輩・駒崎さん、焼肉がいいです。いい店をお願いします!

#8 佐藤聡

ここで負けたら東京に繋がらないですから勝って、本当に良かったです。シンペーJAPANでリオに行くっていうことが若い選手のためになるしね。日本のバスケをダメにしなくて良かった。今日は豊島が頑張りました。あいつには思い入れもあるし、昨日まではなかなかシュートが入らなくて苦しんでたけど、今日はやってくれましたよ。いやぁ、ホッとしました。

#9 香西宏昭

出だしは固かった~。身体も顔もガチガチでした。もしかしたら4年前のように1点差とかで、最後、ウチがフリースローなんてこともあるかもって思ってました。コート入って「ごめん、今ガチガチだから。レオちゃん、よろしく」って言いました。弱い部分や、言いたいことをみんなに伝えられるのもこのチームならではなんですよ。チームも和らぎますしね。勝ってリオ決めて、今はホッとしてます。
もう明後日、20日からドイツに旅立ちます。パラで世界と戦うためにブンデスリーガでもチームメイトのレオ君と、コンビネーションを磨いてきます。

#10 鳥海連志

最後の瞬間はベンチだったけど、めっちゃ嬉しい。めっちゃ気持ち良かった。予選リーグの韓国に勝った時より気持ちよかった~。
パラリンピック出場…まだ実感わかないけど、自分の財産になりますね。それまでシュート、パスの精度、ボールハンドリングの質を高めないと。練習します。

#11 宮島徹也

中国戦の敗戦をプラスに変えて、チームはまた成長できたと思います。昨日の試合でオージーの強度に対しても、日本のベーシックで戦えると自信になりました。それが今日の試合にも活きましたね。
自分の入るユニット5は勢いとスピードが武器。この大会での経験でリオに向けてまだまだ成長できると思います。

#12 藤澤潔

いいところで決められて良かったです。決まった瞬間、会場がワーッって盛り上がって、最高に気持ちよかったですね。世界と戦う日本のベースが確実に固まった大会だったと思います。練習してきたベーシックは崩れない。シンペーJAPANは強い、そしてこれからの1年でもっと強くなります。
奥原さん、ごちそうさまです!

#13 千脇貢

昨日のオーストラリアも重かったですけど、今日の韓国も重かった。それだけの気持ちで来ていたということでしょう。僕も車イスと体重に気持ちの重さをプラスして、ゴール下で身体を張りました。やりました! 合掌。

#14 石川丈則

中国に負けたことも、そこから気持ちを立て直したこともいい経験になりました。最後、いい試合でリオの出場権を取れてよかったです。
僕は年齢的にはベテランですけど、オールドルーキー。明日からはまた、リオの代表に選ばれるための新しい戦いですよ。がんばります!

#15 藤井新悟

韓国と最後やったのは、運命を感じますね。僕らは世界選手権、アジパラと韓国に3連敗したのが、今回のAOZで2連勝できたので少しは借りを返せたかなと思います。僕は今大会、負けたら代表を引退しようと思ってたんですが、試合を重ねる度に、まだまだシンペーJAPANで、この仲間たちとやりたいという思いが強くなりました。リオに向けて臨機応変に、創造力豊かなプレイヤーになるべく、明日から、またチャレンジです。

及川HC

信じられない気持ちです。選手が良くやってくれたことに尽きますね。1クォーター終わりに、バタバタしましたが、ウチのダブルエースを止めないと勝てないよと韓国に対して余裕みたいなものがありましたね。今日はディフェンスは剛、オフェンスは静で行こうと決めてました。ガンガン守って淡々と攻めるみたいな感じでリズムできますし、攻守の切り替えのところで違いを作れたのは良かったですね。日本はまだまだ強くなります。選手には、今度会う時は次のステップに行くよと、伝えたいです。僕は…ご褒美の量平寿司、お願いします(笑)。

井上雄彦AOZ日記 3

2014世界選手権王者のオーストラリアを倒せば日本のリオパラリンピック出場が決まる。王者打倒の期待は高まっていた。選手、コーチも自分たちはそれができると信じていた。

その望みは第3クォーター残り4分、一度は縮まりかけた点差を再び20点に広げられたところで絶たれた。

力の差はあった。選手同士が接触して動かないように見える場面があるが、その時両者は押し合っている。オーストラリアの選手は重く、力が強い。当たりの強さ、激しさは今大会のどのチームよりも抜きん出ていた。

トランジション(攻守の切り替え)の速さ、シュートの正確性の差も、そのまま点差に表れた。

自分たちのやるべきことをやりきれば相手が崩れる、そう信じてがっぷりと組み合った結果、こちらは思うようにはやれず、相手は崩れなかった。

日本のリオパラリンピック出場は明日の3位決定戦に持ち越された。

相手は韓国に決まった。 もう一度、自分たちのベースにあるものを信じて、それをやりきる試合になる。今日のように力負けする相手ではない。

気のいい日本のあんちゃんたち、明日の40分間は意地悪であってほしい。残り一つの席をつかんで、離してはならない。

井上雄彦
10/16/2015



海外プレイ経験の長い香西をして、顔を歪めるオーストラリアの圧力


高さ、シュートの正確さもオーストラリアの大きな武器


ゲームメイカーのベテラン藤井と

2015.10.16

AOZレポート 第8回

10月16日(金)

勝ったチームがリオへの切符を手にする準決勝。シンペーJAPANは世界王者オーストラリアとの対戦となった。序盤からペースをつかもうと本気モード全開の世界王者を、日本も必死に追いかける。後半に入って日本が流れをつかむ時間帯もあったが、世界王者の壁は強大だった。敗れはしたものの、世界王者との対戦を経て、自分たちのバスケに自信を深めたシンペーJAPAN。明日は、リオへの最後の切符をかけて、宿敵・韓国と対戦する。試合開始は、9:30から。千葉ポートアリーナを日本のホームに! みんなでシンペーJAPANを応援しよう!

●日本 オーストラリア○
41 9-18 70
10-19
14-17
8-16

藤本怜央

大会前にオージーと練習試合をやったんですが、僕らもそうですが、彼らも修正、成長してました。今日のオージーは、日本を圧倒するつもりで準決勝に臨んできましたね。一番強いユニットで勝負しに来たのは、俺らの財産になります。オージーの強度とやったから明日は、それが武器になりますよ。あと1試合、今まで苦しんできたから、勝ち切って最後、笑いたいと思います。

豊島英

自分のファーストシュートが外れたのが、最後まで響いたかもしれないです。フリーになるのが分かってて、最初に決めれなかったことでレオやヒロに負担をかけてしまった。オーストラリアは、重かったです。当たりも強いし。でも、あと1試合、頑張ります。

及川HC

第1クォーターの入りは特にオフェンスの動きとか、全然できなかった。本気のオーストラリアは強かった。でも、選手たちは、ちゃんとファイトしてくれたのは良かった。オーストラリアに対してちゃんと準備して、臨んだのは実は初めてで、もう少しで何とかなるんじゃないかと手応えも感じました。明日は、チームのすべての力を投入して、日本の強さを見せつけます。必ず、勝ちます!

もう一方の準決勝ではイランが韓国に逆転勝ちでリオ行きを決めた。敗れた韓国は日本との3位決定戦へ。

2015.10.15

AOZレポート 第7回

10月15日(木)

予選リーグ3位のバナJAPANは、決勝進出をかけて同2位のオーストラリアと対戦した。オーストラリアから厳しくマークされる得点源の網本をおとりに、空いた他の選手で得点を重ね、前半を1ゴール差で折り返した。しかし第3クォーター、オーストラリアは一気にギアを上げ日本を突き放す。最終クォーターは修正して互角に展開に持ち込んだ日本だったが、追撃も届かず。49-69で敗れ、リオ出場には届かなかった。

●日本   オーストラリア○
49 14-18 69
10-8
8-24
17-19

平井美喜キャプテン

リオを目標にやって来たので……悔しいです。バナJAPANのキャプテンとして2年間、頭を使って考えるバスケをやってきました。自分もチームも成長することができました。ここで学んだことを次に活かしたいと思います。2年間、かけがえのない時間でした。支えてくれたすべての人、チームメイト、スタッフ……感謝しかありません。

萩野真世

今大会はチームとしては、毎試合少しずつ成長できたという実感がありました。それだけに残念です。しっかり走って自分の役割をまっとうしようと思っていましたが……決めるべきシュートを決めてチームを盛り上げることができなかったのが悔しいです。この思いを私たちの世代がしっかり受け継いで、これからの新しいJAPANを作っていきたいと思います。

網本麻里

勝ちたかった…。ウチにプレッシャー来るのが分かってたから、とりあえず走っとけばディフェンスを引き付けられると思って、必死で走りました。で、マークの空いた郁美に気持ち良く打たせる作戦がハマって、2点差で折り返すことができたんやけど、後半は向こうの高さにやられた感じやった。15番のアンバー(26得点)は183センチらしいです。上でボールを通されるとジャンプできん車イスバスケじゃどうしょうもない。AOZは今日で終わりました。気持ちを切り替えるために、ちょっと休もうかな…。

橘HC

ちょっと正直、力負けですね。こちらの指示にしっかり反応して、アタックもしてくれました。20点の差が現実です。この敗戦を受け止めて、次に進むしかないです。最終の真世の3ポイントは次に繋がる、いいショットでした。今は選手たちを誇りに思います。応援、ありがとうございました。

PLAYERS PROFILE

Men

page top