[リアル] REPORT&DIARY

« リオパラリンピック シンペーJAPANの激闘その5 | メイン

2016.09.16

リオパラリンピック シンペーJAPANの激闘その6

〈第6戦〉対イラン
9月15日(木) オリンピックアリーナ 9時30分試合開始

  1 2 3 4 R
イラン 14 16 8 14 52
日本 21 14 13 17 65

9-10位決定戦の相手はイラン。世界トップクラスの高さを誇るイランに、シンペーJAPANは真正面からぶつかった。必死のディフェンスでしのぎながら少しずつ点差を開いていくシンペーJAPAN。ユニット5も好調で、強豪イランと互角以上の戦いを見せた。狙い通りの試合運びで65-52で完勝し、9位を死守したシンペーJAPAN。2020年東京パラリンピックへつながる勝利となった。


■イラン戦コメント

村上直広

「初めてのパラリンピックで世界の強豪とぶつかって、自分が世界で戦えるところ、弱いところがわかりました。チームのリオでの最後のシュートを自分が決められて、2020年に向けて気持ちよくスタートすることができそうです。社長(永田)、ナイスパスありがとうございます。帰国してすぐドイツリーグへ行きます。成長して帰ってきます」

Real_160915_1


鳥海連志

「毎日強い相手と戦えて、楽しかったです。相手のビッグマンを止めることもできたし、DFに自信がついた大会でした。決定力と制度をもっと高めていきたいです。この9位から世界の頂点まで上りつめるビジョンが見えてきたような気がします」

Real_160915_2


香西宏昭

「苦しい大会でしたが、自分たちがシンペーJAPANで取り組んできたことに間違いがなかったと確信できました。自分たちの成長を感じることもできました。これからの僕たちを見ていてください」

Real_160915_3


藤本怜央

「今日のユニット5、すごかったでしょう。俺もヒロも出る幕がなかった。このチーム、俺が出ないほうが強いのかもしれない(笑)。このシンペーJAPANは、みんなが影響しあって、高めあって、一人ひとりがすごく強くなりました。まだまだ成長できると思います。新たな気持ちで覚悟をもって、2020年東京に向けて、自分とチームを磨いていきたいと思います。応援ありがとうございました」

Real_160915_4


及川HC

「最後の試合が一番の内容でしたね。9位という結果……これもまた僕たちのリアルです。選手たちはチームとして取り組んできた緻密さや、積み重ねにこだわって、ブレずに戦ってくれました。12人で戦って、大会を通じてさらに成長できた最高のチームでした。みなさんの応援も僕たちの力になりました。ありがとうございました」

Real_160915_5

« リオパラリンピック シンペーJAPANの激闘その5 | メイン

PLAYERS PROFILE

Men

page top